‘取得費’

敷地の取得費というのをより詳しく知りたいです。

 

敷地の取得費というのはその敷地を手に入れるために使った資金や設備費ということになります。これらを合計して取得費ということになるでしょう。ただ、家屋の取得費になってくると合計しただけでは出すことができず、そこから償却費相当を引き抜いた費用ということになるので注意が必要と言えます。

税金にかかわってくる、取得費というのはどのようなものなのでしょうか。

 

取得費というのはしょとくなどとは違い、資産を得るために利用した費用のことであり、不動産などであれば、改修費用などを加えた金額になると言えるでしょう。取得費がよくわからないということもあるかもしれません。そのようなときには、概算取得費という一定の決まった割合の取得費とすることができるようになっていると言えるでしょう。
譲渡費用というのもあり、これは不動産を売るときに利用した費用ということであり、業者における仲介費用などもこの譲渡費用に入ってくると言えるでしょう。
費用の中には控除をすることができるものもあるので、控除をしっかりと利用して生きたいという場合には、譲渡するものや内容などをしっかりと確認しておくべきと言えます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.