不動産売却の時の税金というのがいまいちわからないです。

 

不動産売却をしたときにも当然税金というのはかかってくることになります。決められた金額だけではなく、不動産の場合それを所有していた期間というのも大きく影響してくることになるので注意が必要と言えるでしょう。長期的にその不動産を所有しているときには、税率の中の所得税は15パーセント、住民税は5パーセントになりますが、短期的に所有をしているという場合の税率所得税が30パーセントになり、住民税が9パーセントに上がっていくことのいなります。これらに譲渡所得金額がそれぞれかかってくることになるということになります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.