私は800万円を友人から借りてそのお金を運用して事業を行っていたのですが、このたび、全額返済をするように要求されました。現在手持ち資金はありませんので、父親から10年前に相続した土地(時価は1,000万円で取得費は不明です)を友人に渡して、借金の精算を行うつもりです。  このような場合に、私にはどのような税金が課せられるのでしょうか。

 

代物弁済につきましても資産の譲渡とみなされますので、あなたは削減する債務の金額を収入金額とする事で、譲渡所得による税金が課せられます。
なお、友人は代物弁済によって手に入れる土地の時価と削減する債権の金額との差額について、贈与税が課せられます。

【解説】
代物弁済とは、債権者の承諾を債務者が得たうえで、金銭による弁済に代えて他の資産の引き渡しを行い、その債務を消滅させることを指していいます。
代物弁済につきましても所有している資産を相手に移転させる行為に当たりますので、資産の譲渡があったとみなして、譲渡所得についての税金が課せられます。なお、譲渡所得の収入金額は、原則として、消滅することとなる債務の額になります。
ご質問の場合には、あなたの譲渡所得による収入金額は、消滅する債務の金額である800万円になります。
また、友人に対しては、債権の金額(800万円)を上回る土地(時価1,000万円)を手に入れることとなりますので、手に入れる土地との価額と消滅する債権の差額である200万円に対して、贈与税が課せられます。
なお、上で記された差額につきましては、友人があなたに対して清算金200万円を支払う場合は、贈与税が課せられません。この場合にはあなたの譲渡所得による収入金額は消滅する債務の金額800万円に清算金200万円を追加した金額になります。
あなたの譲与所得による税金と友人の贈与税は、以下のように算出します。

債務者(私):譲渡所得に対する税金
収入金額800万円-取得費40万円(800万円×5%:概算取得費)=長期譲渡所得760万円
長期譲渡所得760万円×税率(15%+5%)=152万円
*清算金200万円を手に入れる場合
収入金額1,000万円(800万円+200万円)-取得費50万円(1,000万円×5%:概算取得費)長期譲渡所得950万円
長期譲渡所得950万円×税率(15%+5%)=190万円

債権者(友人):贈与税
(課税価格1,000万円-消滅する債権の額800万円-基礎控除110万円)×税率10%=9万円
*清算金200万円を支払う場合
代物弁済による経済的な利益が生じませんので、友人に対して贈与税は課せられません。

(注)平成25年1月1日から平成49年12月31日までの期間につきましては、復興財源確保法によって、所得税に追加して復興特別所得税が課せられます。
本問の場合には
・債務者(私)の税率が、(15%+0,315%+5%)
となります

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.