Q.寡婦控除という所得控除は、どのような場合に受けることができるのですか?

 

A.寡婦控除は、納税者のうちの女性が所得税法における寡婦に当たる場合に適用を受けることができる所得控除です。27万円の控除が可能ですが、特定の寡婦に当たれば35万円の控除となっています。

1.寡婦
納税者自身がその年の12月31日において次のどちらかに当たる場合に、その者を寡婦というのが原則です。
なお、「夫」というのは、民法における婚姻関係をいいます。また、「合計所得金額」というのは、純損失、雑損失、居住用財産の買換え等の場合における譲渡損失と特定居住用財産の譲渡損失の繰越控除を適用する前の総所得金額、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、先物取引に関わる雑所得等の金額、株式等に関わる譲渡所得等の金額、退職所得金額、山林所得金額を合算した額のことです。
・夫との死別か離婚の後婚姻を行っていない者か、夫の生死が不明である一定の者で、扶養親族が存在する者か生計を一にする子が存在する者(子は、総所得金額等が38万円以下で、他の者の控除対象配偶者や扶養親族ではない者のみです。)
・夫と死別した後婚姻を行っていない者か夫の生死が不明である一定の者で、合計所得金額が500万円以下である者(扶養親族等の条件は存在しません。)

2.特定の寡婦
寡婦に当たる者が次に掲げる全ての条件に当てはまれば、特定の寡婦に当たり、27万円に8万円が加えられた35万円が寡婦控除の額となるという特例が存在します。
・扶養親族である子が存在する者
・合計所得金額が500万円以下である者
・夫との死別か離婚の後婚姻を行っていない者や夫の生死が不明である一定の者

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.