Q.自宅を売って損失が発生した場合には、その譲渡損失を他の所得より控除できるのでしょうか?

 

A.平成27年12月31日までに住宅ローンのある自宅を住宅ローンの残高を下回る価額で売り、損失が発生した場合に、次に掲げる条件に該当するときには、その譲渡損失をその年の他の所得(給与所得等)より控除(損益通算)することが可能です。なお、損益通算によっても控除しきれなかった譲渡損失は、譲渡の年の翌年以降3年内に繰り越して控除(繰越控除)することが可能です。
・自身が居住している自宅を譲渡すること(以前に居住していた自宅については、住まなくなった日より3年目の12月31日までに譲渡すること)
・譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を上回る自宅で日本国内に存在するものの譲渡であること
・譲渡した自宅の売買契約日の前日において、その自宅に係る償還期間10年以上の住宅ローンの残高が存在すること
・自宅の譲渡価額が上記の住宅ローンの残高を下回っていること

ただし、この特例は、自宅の売主と買主が特別な関係にある場合(夫婦や親子等)や、自宅を売った年の前年か前々年に居住用財産の譲渡所得の3,000万円の特別控除の適用を受けている場合といった一定の場合には、適用を受けることが不可能です。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.